自己嫌悪まみれの息子が笑顔になった絵

目次

今日の「たいせつ」は
『客観的に見る』​​

今日は
今朝の我が家の出来事を
再現してみます。

19になる息子が
朝から一言。
ぼけー「もう、いらんわムカムカ

真顔「あんた、木曜日からヘンやな~。」

実は息子は木曜日から
自己嫌悪で落ち込んでいます。

自分の不注意で
一週間がんばったことが
パーになってしまったのです。

自業自得なのですが。

真顔「いつもと違うで~。」
真顔「え、何が違う?」
真顔「顔。どんな顔か描いたるわ~。」
(「描いてあげる」という意味です)

近くにあった紙に
見えたことを描きました。

 

真顔「なんでダースベイダーいるん?」
この下手な絵が何かわかるとは。さすが息子。

 

知らんぷり「いや~、背後に出てきてるで~。
ダースベイダー。」
にやり「・・・・。」

テレビ 「ロシアとウクライナが・・・」

えー?「このニュース…
こんなことが起こってるだけでも
ネガティブな気分になるよな・・・汗

ちょっと不満「そうよな・・・。
地球に暗雲が立ち込める感じよな・・・。」

ちょっと不満「あんたの周りも
空気淀んでるし・・・。」

 

ひらめき「あっっびっくりマーク大事な物描くの忘れてたびっくりマーク

数年前ユニクロで買ったボーダー柄の部屋着には
小さなミッキーが刺繍されています

笑い泣き「ハハハハハ・・・」
泣き笑い「ハハハハハ・・・」

しこたま笑った後、聞いてみました。

真顔「何でそんなに笑ったん?」

ほっこり「いや~、ムカムカして怒って
熱くなってイライラしてる自分に
ミッキーついてるのが
無性におもしろかった。

滑稽な自分を見てる
冷静なもう一人の自分が出てきたわ。」

・・・ということでした。

そういえば
子ども同士で喧嘩がこじれたとき
紙に図や絵や言葉をかいて
事象を整理してあげると

子どもの気持ちも落ち着いて
早い解決に向かうので

「ケンカ用ノート」を一冊
作ってたっけ。

今日は思い付きで
たまたましたことだったけど

モヤモヤすることや
こじれてしまったことは

一見関係ないことでも何でも
ありのままを紙にかくと
スッキリするという話でした照れ

客観的に自分を見ることができると
現実は何も変わらなくても
自分の気持ちが変わるのだから
不思議ですキラキラ


地球も早く
スッキリしてほしいです。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次