行き渋りや不登校の原因・対応・親御さんに忘れないでほしいこと

新年度が始まりました。
新しい教室、新しい友だち、新しい先生・・・
不安と期待で緊張の毎日ですね。

そんなよいストレスもわるいストレスも
感じやすい時期に
お子さまが
「今日は学校に行きたくない・・・。」
と言うこともあるかもしれません。

今日は、元教師である私が
実際に「今日は学校に行きたくない・・・」
から始まった行き渋りや不登校について

23年間の小学校現場で実際に肌で感じた

・行き渋りや不登校の原因
・行き渋りや不登校の対応
・親御さんに忘れないでいてほしいこと

この3つの視点について書きます。

※特別な理由がなく、年間の欠席が30日以上となった状態というのが不登校の定義になっていますが、今回の記事は行き渋りと不登校の区別あまり明確にはしておりません。

目次

行き渋りや不登校の原因

私の経験ですが
お子さまの行き渋りや不登校には
大きく6つの原因があるように思います。

これらが重複していることも多いです。

  1. 体調や気分による一時的なもの
    ・ただ単純にめんどくさい
    ・睡眠時間が足りていない
    ・習い事などが忙しく疲れている
  2. 学校に避けたい何かがある
    ・やりたくない行事や学習
    ・苦手な友だちや先生
    ・ケンカやいじめなどの嫌な出来事
  3. 家を離れる不安
    ・親離れができていない
    ・両親の喧嘩
    ・過去のトラウマが強い
  4. 長期的な体の不調
    ・起立性調整障害など
  5. お子さまが生きにくさを感じている
    ・発達障害やHSCなどのお子さまがもつ特性
    ・愛着障害
  6. 親御さんの心の状態が反映されている
    ・親御さんが学校に不信感をもっている
    ・親御さんが子離れに不安を感じている

 

行き渋りや不登校の対応

お子さまが「学校に行きたくない」と言ったら
まずは話をしっかりと聞いてあげてください。

原因が上記の1番目の場合は、
「がんばってるんだね~!」て
認めてあげながら

「大丈夫だよ~。学校行ったら
楽しいことが絶対あるよ~。」て
背中を押してあげてください。

そして、無理のない生活リズムを
作ってあげてください。

原因が上記の2番目の場合は、
学校のちょっとした工夫や配慮で
解決することがほとんどです。

学校に相談してみてください。
(今、コロナの対応で先生方に
余裕がないことを私は懸念しています。)

ただ、他の原因もあるけれど
お子さまがそれを自覚していないときや
自覚していてもうまく伝えられないときは
2番目の理由を
次々と並べることがあります。

それでも
大人がそれに向き合ってあげないと
解決の糸口を見つけることはできませんので
しっかりと話を聞いてあげることが大切です。

原因が3番目から6番目のときには
専門家に相談されると
よいかと思います。

行き渋りや不登校のお子さんへの対応の見極めは
教師もとても難しいことが多いです。

おうちに行って
多少は強引に連れ出すことで
何事もなかったように
登校できるようになることもありますし

お子さまが
「よし、行こう」となるまで
待っておいてあげるのがよいこともありますし

学校に行く以外の
道もあること(フリースクールなど)を
すすめることがよいこともあります。

親御さんと学校とで
お子さまのことをよく観察して
判断していくことになります。

親御さんに忘れないでいてほしいこと

なにが正解かを即座に
言うことはできませんが

ひとつだけ私が確実に言えることは

親御さんが笑顔を忘れないでくださいということです。

お子さまが不登校になると
親御さんの心も揺れるでしょうし
いろいろな不安も出てきます。

怒りの感情や涙が出てくることも
あります。

親御さんだって人間なのですから
無理に感情を押し殺したりせず
出すことも必要です。

でもずっと親御さんが
ネガティブなオーラを出してしまうと

お子さまはそれを感じ取り
大好きなお父さん、お母さんを
悲しませる自分を

もっともっと責めてしまいます。

だから
怒っても泣いてもいいけれど、
それと同じくらい…
できればそれ以上の笑顔を
見せてあげてください。

子どもにとっての一番のエネルギーは
親御さんの笑顔です。

 

 

お知らせ・予告
今、不登校で悩んでいるお子さまとのご縁をいただき、何かできることはないか?と考え、下記のようなコミュニティーをスタートさせました。

虹の教室:元教師のセラピストが学校に行きにくいお子さまとオンラインで朝の会を行います。
<目的>
・家族以外の人とコミュニケーションをとろう
・1日のリズムを作ろう
<日時>
火・木 9:30~(約20分)     ※祝日を除く
<料金>
1ヶ月500円

詳細はこちらから

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次