マクロビオティックセラピー

マクロビオティックセラピーとは

マクロビオティックとは、古代ギリシャ語で、「macro=偉大な・bio=生命・tic=術」からきており、「大いなる生命の術」という意味があります。私たちの命の元となる食べ物もまた命であり、生命のことを広い視野で考えた長寿法と言えます。マクロビオティックの発祥は実は日本なのですが、あまり普及せず、海外で評価され、逆輸入の形で近年日本でも注目されるようになっています。
食べ物が、体だけでなく感情にも密接に関わり合っているという視点のもと、心身ともに健康になることを目指しています。

Petuniaのマクロビオティックセラピーをおすすめする方

  • 心と体の両面の不調を感じられる方(怒りを感じることが多く、血圧が高い。ストレスが多く、胃が痛い。緊張しやすく、すぐに顔が赤くなってしまう。など)
  • 体の不調が、病院に行っても薬を飲んでも解消されない。
  • 体質を改善することで自信をもちたい。(肌や体型の悩み、アレルギーの症状など)

マクロビオティックセラピーの流れ(全2日)

  1. お悩みをお聞きします。
  2. 後日、ご相談内容を基に作成した資料(後に差し上げます)を見ながら、カウンセリング・アドバイスいたします。

Petuniaのマクロビオティックセラピーをおすすめする理由

  • マクロビオティックの理想を押し付けることなく、お一人お一人の食習慣を考慮しながらご提案します。
  • 体の不調、心の不調の両方の視点から改善できる食事をご提案します。
  • 「取り組まなければ」ではなく、「取り組みたい!」と思っていただけるように食材のもつ性質をていねいにお伝えします。
  • 必要を感じたときは、時間内で統合セラピー(セルフヒーリング統合術)も組み入れながらカウンセリングいたします。
PAGE TOP