お子さま支援のご提案

  • 同じことを何度言ってもできない。
  • お子さまはがんばろうとしているが、苦手なことがあり最後までできない。
  • 親御さんがイライラしてしまい、自己嫌悪に陥ったり、子育てが楽しめなかったりする。

うちの子はどうしてこんなに片付けが苦手なんだろう?どうして文字がこんなに乱れるのだろう?どうしてお友だちをすぐに叩いてしまうのだろう?どうして文章がスラスラ読めないのだろう?うちの子はどうして・・・・だろう?
同学年のお友だちと比べたり、担任の先生からお話を聞いたりして、不安になってしまって何とかできるようにさせようとするけれど、ついイライラして怒鳴ってしまい、子どももやりたがらなくて困っている・・・そんなことはありませんか?
例えば、視力が低下した人に、「向こうに書いてあるあの文字を読んで。」と、読ませようとしても絶対に無理ですよね!この人には、眼鏡かコンタクトを用意してあげれば解決します。これと同じように、気合や努力ではどうにもならないことが、ちょっとした工夫を通すことによって解決することがあります。物を介さなくても、言葉がけやタイミングの工夫が解決に結びつくこともあります。この「ちょっとした工夫」をご提案します。

支援のご提案の流れ

  1. 親御さんの悩みやお子さんの困り感について、詳しく聞かせていただきます。(学習に関することの場合、お子さまのテストやノートなどを見せていただくこともあります。)
  2. お子さまに合った支援の仕方をご提案し、やり方や作り方をお伝えします。

 Petuniaの支援のご提案をおすすめする理由

  • 23年の小学校教師の経験をもつセラピストが、ひとりひとりに合った支援の仕方をご提案します。
  • 支援グッズは、100均やおうちにある物を材料にして手軽に作れる物をご提案します。
  • 親御さんの思いに寄り添いながら、無理のないようにご提案します。

お子さま学習教室でセラピストが直接学習指導するメニューもございます。

PAGE TOP